おじさんプログラマの子育てデスマーチ日誌

会社や家庭の問題を乗り越えていく記録。

働く忙しいお母さん、お父さんの味方、入浴省力化の方法(ミノンが最高です)

月曜朝、雨は降っていないが地面は濡れている。

眠かった。昨夜子どもが2度深夜に起床、妻調子悪いため寝かしつけ。寝室を占領されているためベッドで。一度目は成功し大河ドラマに間に合った。二度目は何時だったか、ベッドで寝かしつけのつもりが自分が先に寝落ちした。その前に妻と話をしていた。どうやら気持ち悪いらしい。また子ども何時かに起きベッドに上がろうとする。気づくと一緒に寝ていた気もするしベッドから落ちていた気もする。

今朝妻やはり気持ち悪い。7時頃起床し出社。保育園の帰りに体調をひどく崩す。昨日午後胃腸に違和感、不快感を覚えた。昨日はまだ何もなかったが今日が良くない。土曜日に妻不在時にインド料理行き多めに食べたせいだと思い浮かぶ。多めなのか小麦なのか、フォドマップ。。。

昨日妻とミノンがいいよねという話をした。

最初は子ども用にベビー用のを使用。

体と髪の毛の全身を洗える。相当手間が省ける。シャンプーだって子どもが使えるのを慎重に選ばなくてはならない。 子供用シャンプーなんて、ぱっと思いつかない。

さらに数ヶ月して聞くと妻も子どものミノンと同じものを使っているらしい。

ぼくはくせ毛のため別のしっとりシャンプーを使っていた。結構、風呂場の置き場に並ぶんですよねメイク落としとか。。

いつの頃からか、ぼくもミノンを使うように。たぶんアマゾンで発注し始めてからだと思う。 いつの間にか使っている。

自分も楽、くせ毛も弱くなったからヴダルサスーンまで不要でミノンで十分だしシャンプー、ボデソープ、リンス一本化は革命的、リンスは昔から使ってないのでウソですが

しかも泡タイプが最高。クシュクシュ泡立てなくていいから。

またいつの間にか子どもも育ち大人用のを使っている。いいのかな?2歳ぐらいで大丈夫。

ミノン全身シャンプー泡タイプ 500mL

ミノン全身シャンプー泡タイプ 500mL

今ではシャンプーも石鹸もボディソープも一本化できてミニマリスト的にも最高ですね。

そのぐらいなら、サボらずそれぞれのシャンプー、石鹸でいいじゃんて思うかもしれない。まず、子どもと妻と自分で五本あったシャンプー、石鹸、リンスが一本になる。それだけで清々しいし、脳の処理が減る。1日に判断したり処理したりできることは限られているのだ。

そして掃除の手間、ぼくの役割だがボトルをどかして拭いていたところ、ズラせば拭ける。

これだけ楽になるので少し高くても忙しいワーキングマザーワーキングファザーは楽になると思います。