おじさんプログラマの子育てデスマーチ日誌

会社や家庭の問題を乗り越えていく記録。

ホワイトデーに!新感覚のお返しは貴腐ワインチョコレート「レザンドレ・オ・ソーテルヌ貴腐」です

東京大丸を彷徨っていた。バレンタインのお返し。

愛妻への。

きれいな箱に入った、きれいなチョコなら、いくらでもあって、 きっと味は新しいと感じるものではないと感じていた。

何か新しいものを!妻に

そうぼくの内心は叫んでいた。

一階にはベルギーチョコなど特集で長蛇の列。

ベルギーチョコならたべたことある。

未知の荒野に赴きたかった。心が泡立っていたのだ、変わらない日常に。

地下へ。スイーツもある。

和菓子?惣菜?

新しいものは見つからない。

諦めた頃、地下街との境のあたりで新しいものに出会った。

瓶に詰められたチョコ?

何?

試食する。

チョコを食べるた瞬間にぶどうの香りが来る。そして、微妙に色合いを変えながら強度を増し、

角度を変える味わい。

香りが強い!

なんだこれは?

説明をください。

人の為の最高級チョコレート”レザンドレ オ ソーテルヌ”は世界3大貴腐ワインボルドー産『ソーテルヌ酒』に数日間漬け込んだドライレーズンをカカオ70%の純チョコレートでコーティングしてあります。十分ソーテルヌの香りと味わいを含んだレーズンは水分を保つため薄く粉砂糖をまぶし、銅製の専用の鍋で丁寧にチョコレートをコーティングします。 一粒噛むと葡萄の甘酸っぱさとチョコレートの甘み、そしてソーテルヌワインの芳醇な香がふわっと広がります。熟成するチョコレート”レザンドレ オ ソーテルヌ”は、ワインとの相性は抜群でまさに大人の為の最高級チョコレートです。 (ワンポイント!20℃以下の常温で保管いただくとさらに香りが良くなり甘みが増してきますのでお試ください。) プレゼントにお使いいただけるリボン付きでお届けします

なんとぶどうをワインに漬け込んでチョコレートをコーティング。

しかも粉砂糖をまぶし、銅製の専用鍋でコーティングだと!

銅製だと何がいいのか不明だがその出来あがりは完全にフランスの未知の荒野。ボルドーの繁栄に思いが及ぶ。

これを妻にあげたい!

出張のかばんに丁寧にしまい、帰路についた。

妻に与えると、案の定、これはすごい!との返事。よかった。

わかるのだな。

なかなか新発見のホワイトデーはなく、サプライズもない日常だが、今年は当たり年だ。

ボトル入りがプレゼントに最適。

コスパを考えれば箱入り。

どちらも満足できると思う。

おいらも今年は満足。

新しいものとの出会いは心を豊かにする。