おじさんプログラマの子育てデスマーチ日誌

会社や家庭の問題を乗り越えていく記録。

2016-07-23から1日間の記事一覧

村上春樹の『職業としての小説家』を読んだ。村上春樹の作品の成り立ちや謎に興味がある人には面白い

高校時代から二〇年台のファンだ。 村上春樹の小説は、高校生の自分にとって、なんだかおしゃれだった。女の子との交流も羨ましくて、妄想を広げたのは、村上春樹の小説を材料としてだった。交際の手本にしようとした。そんな交際など当分訪れなかったのだが…